テントのススメ
WORKS
産業用
間仕切り
店舗用
遮熱・防水・塗装用
看板用
これからのテント
その他
ENCOURAGEMENT PRODUCTS MAINTENANCE SAVING FAQ てんちゃんショップ BLOG IPROS カタログのダウンロードはこちらから

HOME > テントのススメ

テント導入をお考えの方へ

雨よけや日差しよけ、有害紫外線や防音の対策等、様々な用途で使用されるテント。
私たち満天は、お客様の目的に合ったテントと、『快適な環境・空間づくり』をご提供する企業です。
ここでは、テントにある様々なメリットをご紹介いたします。

テント導入の5つのメリット

1)建物の省エネ対策ができる

テントには様々な生地があり、それぞれに日光の透光率が示されています。この数値が高ければ高いものほど、テント下に日光が入りやすいので、照明コストの節減と省エネに役立てる事が可能です。倉庫や荷捌き所等としてテントを設置すれば、日中の照明がほとんど必要なくなるほどの明るさが得られます。

2)建物の遮熱・防音ができる

ある実験で、「遮熱シートあり」と「遮熱シートなし」の建物を比較すると、その壁の温度に約19度(※)もの差があるとわかりました。このように、建物内を遮熱したいときにはその天井や壁、窓を遮熱シート(テント生地)で内張りして室温上昇を防ぐ事ができます。また、防音シートという、壁防音に特化したテント生地もあります。このシートを壁に内張りすれば、建物の防音性を高める事が可能となります。
(※)数値は条件によって変わります。

3)解体のときの手間隙が減らせる

建物を解体したいとき、木造および鉄骨建築物の場合は、足場づくりや養生、ユンボ作業等が必要となり、廃棄物処理の手間と長い時間がかかります。その点テントなら特別な養生が要らず、高所作業車で鉄骨と生地とに分けるだけで、あっという間に作業が完了。出てきた鉄骨は鉄くずにリサイクルする事ができるので、環境に負担をかける心配なく繰り返し使う事ができます。

4)紫外線から守ることができる

テントは、紫外線対策としても役立ちます。過度に紫外線を浴びることは、人のからだにとって有害であるといわれており、特に小さな子供達のいる幼稚園・学校や、高齢者のいる老人ホーム等では注意が必要。いま、それらの施設では、オーニングテントやタープを導入したり、テントで砂場の屋根をつくったりする事例が増えています。

 5)環境にやさしい

テントは、とても「地球にやさしい建物」です。テントには、使用済みのペットボトルをリサイクルしたものや、燃やしてもダイオキシンが発生しないもの等、「リデュース」「リユース」「リサイクル」でつくられた製品が多数あります。私たちはこれらを「Re:テント」と呼んでいます。

◆施工例

農家の雨水をためるテントタンク。
プレハブの上に、テント屋根を設置。真夏は日差しから熱や雨など劣化を防ぎ、屋根補強にもなります。

◆遮熱

■遮熱実験 (ソルテイス92タイプにて実験)

太陽熱を遮断し、マイクロメッシュによる透光性を持ち合わせたテント生地です。 プレコントラン技術による、強度、薄さ、 軽量性を持ち合わせながら、施工時の形状を使用期間中そのまま維持することが可能です。 壁面へ熱を当て、LowEファブリックで遮熱した場合となにも遮熱しなかったときの温度差をとりました。

☆数値は実験結果であり、保証値ではありません。

取扱い製品はこちら実績紹介はこちら

▲ページのトップに戻る