• テントに関することなら、有限会社満天に全てお任せください。

  • 0800-888-5778

    受付時間 10:00~17:00(土・日・祝を除く)

CONTACT

お問い合わせ

LINEでご相談

オンラインショップ

COMPANY

会社案内

選ばれる理由

私たち満天は、テントのプロフェッショナルです。
テントの骨になる鉄骨の製作から、お客様に合わせたテントの設計・企画・施工・工事まで、責任をもって行います。
製造 施工をワンオペでしている会社だからこそできる柔軟かつスピーディな対応と、高品質・低価格の施工。
これらをもってサポートいたしますので、安心してご相談ください。

また私たちは、テントを通じてお客様に快適な空間づくりをご提供したいと考えております。
そして商品を製作するメーカーとして、テント施工後もしっかり営繕含め製品のサポートに取り組んでおります。
万が一 工事や製品での不具合によるご不便には当然ながら無料で交換・修理いたします。

お客様に“満点テント”をお届けすることが、私たち「満天」の仕事です。

  • 01

    設計・製作・施工まで
    自社にて一貫対応

  • 02

    様々なニーズに合わせた
    大きさ・形に対応

  • 03

    創業1935年の経験をもとに
    プロとしての対応

  • img

  • 昭和10年に先々代の金森松太郎が大阪で日東商会として「巻上テント」を開発し従業員数約30人規模の会社となりました。その後第二次世界大戦により壊滅的な被害にあい 名古屋に疎開してきたのが当社の名古屋市でテント屋を営む起源であります。
    何もかも無くなりどん底となった時代ですが お金やモノが無くとも松太郎には技術と「巻上テント」がありました。先代金森達也と共にゼロからの再スタートです。
    昭和46年に日天商会と改名して現在の丸新町倉庫に移転をし、日天商会は「パイプテント」を開発。長きに渡り「パイプテント」を製造して参りました。
    やがて中国生産のパイプテントに価格競争で衰退し日本製のパイプテントは大手の会社様のみの製造となりました。
    製造製品は新たな商店街の庇テントや通路テントなどに徐々に移行して参りました。 
  • img

  • 平成6年 現在の満天の代表である 金森志朗が日天商会に入社。
    工場で製作のみをしていた事業を最後まで責任をもてる仕事にしていきたい
    とテントの施工の修行をしたのち設計や大型テント倉庫製造の技術を学んできました。日天商会時代には「愛知万博」での膜構造の建築にも挑戦させていただき地球に優しい廃棄の少ないエコ建築として再確認いたしました。平成15年テント工房満天として設計から製造、施工まで一貫して責任をもつスタイルを確立。職人の育成と事業拡大の為工場を移転。その後 平成16年姉歯事件や平成20年リーマンショックと次々にテント業界をも震撼させる経営危機もありましたが 通常業務ではできない事に着手しイノベーションし アップデートをする。を繰り返し生き残りをかけて挑戦してきました。現在の満天では若手の育成に力を注ぎこれまでの「技術」や「経験」の継承に尽力を果たしております。小さな会社ですが小さいながらも「継続は力なり」でコツコツ真面目に仕事に向き合う中で お客様や協力会社様と共に「ものづくり」に一層精進していきたいと思っております。
  • img

  • 当社は長年の皆様とのご縁に助けられ創業より70年以上、様々なお客様のニーズに合わせた製品を製造施工してきたテント専門店ですから メーカーはもとより仕入先や 協力会社にも自信があります。
    先代からの「誠実に人と向き合っていく事」を現在もモットーにお付き合いさせて頂いてますので 良品を安価で安心なものを卸して頂き 弊社ではその材料を製品にさせて頂いております。
    またテント生地にも様々なメーカーが研究を重ねた 素晴らしい機能と個性をもった製品が毎年 たくさん発表されております。
    この数ある製品の中から お客様により合う材料をお選びしてますので安心して任せてください。

  • img

  • SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標で「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が成果文書で示され、世界各国が合意した17の目標および169のターゲットから構成されます。
    有限会社満天は、SDGsのコンセプト「地球上の誰一人として取り残さない」という理念に共感し、持続可能な社会の実現にむけて、事業活動を通して、自分たちが今できることを積極的、主体的に取り組んで参ります。またテントはエコ資材の観点から「産業と技術革新の基盤をつくろう」とい理念である資源をよりむだなく使えるようにし、環境にやさしい技術や生産の方法に取り組み より廃棄の少ない製品を目指してものづくりに取り組んで参ります。

満天はお客様の空間活用の”マスト”をご提案いたします。

屋外のテント倉庫と室内空間の物流機器を同時に検討することで最適な屋外スペースと物流機器をご提案して参ります。

ユーザー様の目線に立ち、屋外・屋内の「マスト」をご提案し、安全性・生産性・物流の問題解決を多種多様な製品からサービスをご提案させていただきます。

  • 当社は、昭和10年の創立から代々、主にテントの骨となる鉄枠の製作を続けてまいりました。
    私はその3代目にあたります。

    当社の特徴は、流通経路をできる限り省くために、直接お客様とご商談している事。そしてテントの設計・製作・工事までを責任もって行っている事です。
    これらにより、お客様に対しより的確なアドバイスを差し上げながら、安心・安価・納得の製品をご提供できております。

    商品メーカーの責務として、製造 施工の不具合には無料交換・修理を保障。
    万が一のときの事にも安心して、ご利用いただいております。
    さらに、テントをより長く使っていただくために、シート張替・その他メンテナンス等も承っております。

    また環境保全のためにも、テントは大変役立ちます。
    昨今、温暖化に伴って日差しも強くなっております。例えばそんなときの冷房は、クーラーだけに頼らず「オーニングテント」をご利用いただけます。テントで直接日光が当たるのを妨げれば、お部屋の温度が下がるのです。また 遮熱効果のあるテント生地による施工依頼も年々増えております。

    また テントは一般的な建築物よりゴミが少ないのも特徴です。ほぼ100%鉄とテント生地だけの材料ですので 二酸化炭素排出量が極端に少なく また 工事も短期ですので重機や車輌からの二酸化炭素排出量も少ないと 世界からも注目の建築物であります。

    移設できる 転売ができる事でも無駄 廃棄物がなくなる要因でもあります。
    多々ある製品の中の候補の中に 是非 満天のテントもご検討ください。




  • img

    有限会社満天 代表取締役 金森 志朗

会社名 有限会社満天
代表者名 代表取締役 金森 志朗
本社所在地 〒462-0002
愛知県名古屋市北区六が池町515番地2
丸新町倉庫 〒462-0063
愛知県名古屋市北区丸新町206番地
江南工場 〒483-8133
愛知県江南市田代町西ノ丸53番地
電話番号 052-909-5778(代表)
FAX番号 052-909-5779
設立 平成16年9月21日
資本金 3,000,000円
取引銀行 瀬戸信用金庫、岐阜信用金庫、東濃信用金庫、ゆうちよ銀行、愛知銀行、三菱UFJ銀行
建設業許可 鋼構造物工事業
許可番号 愛知県知事 許可(一般‐21)第105570号
許可年月日 平成22年3月8日
業務内容 膜構造建築物の販売、施工
建築金物・テント金物・看板枠の製作
その他これらに付帯関連する一切の業務
納入先業種 プラスチック成形・建設・食品・製紙
コンクリート・木材置き場・車修理工場 等
昭和10年 4月
日東商会設立
昭和46年 4月
日天商会に改名
平成14年 7月
テント工房満天に改名
平成16年 9月
有限会社満天を設立

愛知県名古屋市北区六が池町515-2

  • 丸新町工場

    愛知県名古屋市北区丸新町206番地

  • 江南工場

    愛知県江南市田代町西ノ丸53番地

CONTACT

お問い合わせ

  • テント倉庫、上屋テント、産業用テントをはじめ、生地加工品、鉄骨製品、ラックなど、空間での効率化のことなら何でもお任せください。

    ご相談やお見積りのご相談は、お気軽にお問い合わせください。

TopPageへ戻る